R の ら く が き つ ぶ や き R
--/--/--//--.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/01/30//Mon.
プラート美術の至宝展
プラート美術の至宝展と二紀展
に行ってきました。

プラート美術の方は、ひろしま美術館にて。

http://www.hiroshima-museum.jp/special_top
2月19日まで開催されています。

プラートはイタリア、フィレンツェから15キロ離れた小さな町。

本展では、初期ルネサンスの巨匠といわれるフィリッポリッピの作品が
三枚ほど初来日、ということで楽しみにしておりました。

フィリッポリッピとだけ言われれば若干聞きなれない方もおられるかもしれませんが、
「ヴィーナスの誕生」や「春」のボッティチェリも彼の工房にいたりしたという。。。
そんなな感じの人です(ファジー!)。
あ、ダビンチも工房に居た時期があったかもしれません。
端的にいえば、ルネサンス全盛期の、ダビンチやミケランジェロたちの、ちょっとひと世代前の巨匠です。私、この頃の絵画、結構好きなんです。

楽しみだったけど、4室あるうちの1室目かなぁ、よかったのは。
好みでしょうけれど。
いつもは常設展示のしてあるところが会場でびっくりしました。

ひろしま美術館は所蔵品が優れていて
なんとゴッホの「ドービニーの庭」があるのです。
ゴッホが自殺する前に描いたいわくつきの絵画。これがあるだけでひろしま美術館はすごい!!
(大学の先生のうけうりですが・・わかる人はわかる・・・)
常設展示を観に行くだけでもいいですよ
ちなみに「広島銀行」の持ってる美術館です。

***こぼればなし*****
フィリッポリッピという人は、生涯を見ると、なんとも奇天烈な感じなのですが、面白い!
なんといっても僧職にありながら女好き
メディチ家も手をこまねいており、あまりにもまじめに制作しないため軟禁しました。
それでもへこたれず、シーツをつなげて窓から逃げ出したという・・・
そんなツワモノらしいです。
しかもお相手は尼僧!更に更に、リッピ50のときに30も歳の離れた!
でも実力は認められていたんです。そんな人・・・らしい。

**************
スポンサーサイト
2006/01/30//Mon.
新生児
友達にこどもがうまれました。

おかあさん、よく頑張った!10ヶ月もおなかの中で育てて・・・
話に聞くと、妊娠した女性の体の変化はとてつもないものですね!

生まれて10日も経っていない「新生児」のボク。
携帯電話と並べても頭が同じ大きさ・・・
3000グラムはあったようなので一般的にもこんな風にちいちゃいのね。
baby1

私はなんだか、触ると壊れてしまいそうだったので
「触らせてほしい」とか「抱かせてほしい」とかいえませんでした。
もっと固まったら触らせてもらおう。

でも自分もこんな風に小さかったのだなぁ・・と。

**************

人間は親に面倒見てもらう時間が長い生き物だなぁ・・とつくづく思います。
だって、馬とかは生まれてすぐ立ったりするじゃないですか。
でも話に聞くと、人間の赤ちゃんは
首がすわるまでにまず何ヶ月かかかって・・・・・
はいはいするまでにも半年以上とかかかって・・・・・
歩くのもまた更にかかって・・・・・

付きっ切りで面倒をみてあげないといけない期間が長すぎます。
それ以前に、おなかの中にいる期間も長すぎます。

まあ自分も育ててもらったのですが。(当たり前)

男女平等のこの世の中の流れからして
働く女性が「産む」ことによって地位も名誉も失い「リスク」を得る
(子どもを育てるという喜びは得られる、ということはさておき、です)
そういう現実が高齢出産の増加を生み出しているのでしょう・・。

やれることをやって、ようやく出産へ気持ちが傾く・・・・・・
(しかも乗りに乗る・・!という年齢)


田舎は出産が早いです。平均的に。おそらく。
それは、女性の地位が低いからです。都市部ほど女性の権利が認められていません。
・・都市部でもむずかしいか。
でも理解ある大人(4~50代以上)の割合が少ないです。田舎にいけばいくほど。
当然のごとく賃金も最低です。

世の中の風潮として、得てして、女性が面倒をみなければいけませんが(出産後)
もう少し、出産後、子どもがおちついた後
田舎でも、雇用があり、なおかつ、妊娠して1,2年職場を辞めたとしても
職場復帰がパートとかじゃなくて、ばっちり正式採用に復帰できる・・・
そんな世の中になればよいのですがね・・。民間が!!!
理想と現実はなかなかうまい具合にいきませんね。

豊かな世の中になり
人々の「自由に生きたい」という気持ちが「許される」
そんな現代に生きるわれわれは幸せなのですがね。。。

(今戦前戦後が舞台の小説を読んでいるのでより強く感じるのでした)

ああ・・題名の「新生児」とまったく関係のない文章になったぁ・・ま、いいか・・。
2006/01/27//Fri.
田舎は夜が早いっす
夜九時過ぎたら国道も車がいないっす
都市部に出たら、「あっかるい」って思うっす

今は夜中だけど(3時位)外はしーずかぁです
ま、住宅街だし・・と思いきや
街中もこんな時間はひとっこひとりいません

夜道を一人で歩いても、安心できます・・・が
全国どこに怪しい人がいるかわからないので
警戒心の塊の私は、常に、たとえ車でも、乗り込んだら即ロック
自転車でもノンストップで走り続けます

たとえどんな時でも、油断はならない、そう思います。
(わたしゃ何者・・・?)
2006/01/21//Sat.
北斎展
北斎展に行ってきました

 場所は島根県益田市の2005年10月にオープンしたばかりの
島根県芸術文化センター「グラントワ」(http://www.grandtoit.jp/)の中の「石見美術館」です。

 なぜ行ったかって?それは昨日、私の相方が1月23日までの(日にちがない!)この「北斎展」の招待チケットを二枚貰ってきたからです★折角だから、行くことにしました。でも相方は仕事なので、他の友達と行ってきました。

 夕方のグラントワの空
gurantowa


 北斎は好きです。素直に面白い。漫画のイラストを見るような楽しみがあります。画力があってうまいし!北斎漫画なんて最高だなぁと思います。
 この展覧会では、津和野町の葛飾北斎美術館の協力を得て、館蔵品と個人蔵の作品から、北斎やその門人たちの作品を展示してあるのですが、津和野町の葛飾北斎美術館には行ったことがあったので、みたことのある作品も多かったです。
 
 この「グラントワ」、行くのは2、3回目なのですが、複合施設となっていて、演劇や演奏会などが開催されるホールなどもあり、結構大きい施設です。中心にやや大きな広場があり、そこに水がはってあって、結構きれいです。広場からは空が広く見えて、気持ちがすっきりします。別に展覧会を見なくても、演奏や演劇を見たり聴いたりしなくても、その場所自体がくつろげる空間なので、私は好きです。


 どうでもいいけど、今度「奥田民夫」がグラントワにくるようです。
2006/01/19//Thu.
古本屋が好き
Rは本屋が好きです。なんといっても立ち読みができる・・。

昔からよく立ち読みをしました。そして、欲しくなったら買える!
丸ごと文庫本などを一冊読み込むこともしばしばありました。
でも、本屋の難点は、漫画が立ち読みできないことです・・。
お金の無かった学生のころの私。
古本屋を探して、漫画を立ち読みし、本当に欲しいものをゲットしていました。

昔ながらの古本屋も少なくなり、全国ネットのブックオフなどが大きい市場を持つようになりました。
勿論在庫が多い!しかも安い!
・・・昔ながらの古本屋も好きなんですけどね・・
神田なんてときめきます!掘り出し物なんかあったりして・・・

こないだなどは、人から勧められて探している本(加賀乙彦「永遠の都」(1)~(7))があって
それを広島市内中心部の大きいブックオフの105円均一コーナーで発見したときには大きな喜びを感じました!
しかし1巻と5巻しかなかった・・・!
当たりはずれがあるかも(内容に)と思い、とりあえず永遠の都〈1〉夏の海辺を購入して読みました。

時代設定は昭和初期。男尊女卑の残る・・・そんな小説です。
オススメしてくれた方が、加賀乙彦は描写が緻密で上手だと言われていたんですが・・本当でした!!
あまり期待していなかったのですが(失礼!)
読み進めていくうちにすっかりはまりこんでしまいました。続きが読みたい!探さねば!


古本というのはタイミングもあって、あるときはあるし、無いときはないものだから・・・
だから、ブックオフを見かけたら大体入るようにし・・・たい!
しかし!田舎在住にて、近くにはありません!ファック!

そんなこんなで、ブックオフのネットバージョン、イーブックオフ
楽天ブックス、そして古くからあるAmazonを利用してみようと思います。
田舎でネットは必要不可欠ですねぇ。
なんといってもメリットは、購入金額が一定の金額以上なら送料が無料という点だ

みつかると・・いいな!!!)
2006/01/17//Tue.
プログはじめました
プログはじめました★

2006年1月17日
Rの、日々のハンドメイドしたものを
主に公開してみることとしました

・・・・・・・ もくじ ・・・・・・・・


■Top■

■CV■



■Exhibition■
東広島市立美術館関連企画展示
「版、その力と可能性」
2014年2月11日(火)~2月23日(日)
(2月17日休館)






■pc drawing&dialy■






・・・・・・ MAIL FORM ・・・・・・

Rへのご意見・ご依頼
展示のお知らせなどご希望のかたは
こちらからお願いいたします

name:
E-mail:
subject:
comment:

・・・・・ブログ内検索・・・・・

・・・・・・ カレンダー ・・・・・・

12 | 2006/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 
template by 白黒素材
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。